自宅で簡単にできるホワイトニング

自宅でケア!歯の着色汚れの原因とセルフホワイトニング方法

なるべくステインがつかないように

傷つけないように磨く

歯に傷ができていると、そこに食べ物の色素やタバコのヤニが入ってしまいます。
奥まで入り込むと歯磨きでは落とせず、ステインが沈着する原因になります。
着色汚れを防ぐためにも毎日のケアが欠かせません。
具体的な対策は、軽い力で歯を磨くことです。
強い力で磨いたり、毛先が固い歯ブラシを使ったりしていると歯に傷がつきやすいので、優しく細かく磨くのがオススメです。
軽く歯に当てて、擦るだけでも汚れを落とせます。
また歯磨き粉を使いながら口内の汚れを落としていくのが一般的ですが、研磨剤が含まれていないか確かめましょう。
研磨剤が含まれる歯磨き粉を大量に使うと、歯が削れて傷がついてしまいます。
研磨座が含まれる歯磨き粉は、少量を使うだけでも十分効果的なので、扱いには注意をしましょう。

水分補給は水がおすすめ

飲食物を摂取したら、口内を放置せずにすぐ歯を磨くことがステイン対策に効果的です。
時間がない時はうがいだけでも良いですし、ガムを噛んで唾液を出すことでも、ステインの沈着を防げます。
食事だけでなく、間食をした後も同じように歯を磨いたり、うがいをしたりしましょう。
しかし1日に何回も間食があると、そのたびに席を立って歯を磨くのが面倒になってしまいます。
習慣にならないので、間食は時間を決めて1日に1回にするのがおすすめです。
そして歯を磨き終わったら後の水分補給は水にしましょう。
水なら糖分が含まれていないので、汚れが溜まる心配はありませんし、色素もないので着色汚れの防止に繋がります。
このように着色汚れがひどい人は、普段の習慣を見直しましょう。


この記事をシェアする
TOPへ戻る