自宅で簡単にできるホワイトニング

自宅でケア!歯の着色汚れの原因とセルフホワイトニング方法

ホワイトニングを実施しよう

ステインとは何なのか

一言で着色汚れといっても、歯の外側に色がつくものを外因性、歯の内側に色がつくものを内因性と呼んでいます。
ステインは歯の外側に沈着するので、外因性の着色汚れになります。
さらにステインは、一気に付着して歯の色が変化するものではありません。
少しずつ付着し、それが積み重なると黄色味が目立ってきて汚くなってしまいます。
この段階まで放置すると除去しにくくなるので、ステインが沈着する前にホワイトニングをしなければいけません。
つまり、セルフホワイトニングはタイミングが重要ということです。
どのタイミングで始めれば良いのか判断できるよう、鏡を見て歯の着色汚れに変化がないか確認しましょう。
少しでも気になり始めたら、ホワイトニングをするのがオススメです。

飲食物が主な原因

なぜ、ステインは歯に沈着してしまうのでしょうか?
それは、飲食物が原因だと言われています。
飲食物には色素が含まれており、飲食物が歯の表面に存在するタンパク質と結合すると少しずつ蓄積されていきます。
特にコーヒーやお茶、チョコレート、カレーなどは着色汚れがつきやすいので、摂取量が多い人は気を付けましょう。
さらにタバコを吸っている人は、ヤニ汚れにも注意が必要です。
ヤニも飲食物の色素と同じように、歯のタンパク質と結びついて沈着してしまいます。
色素がつきやすい飲食物を摂取しないようにしたり、急に禁煙したりするのは難しいものです。
多少の色素や煙草のヤニがついても良いように、セルフホワイトニングを実施しましょう。


この記事をシェアする
TOPへ戻る